幻覚 幻聴 妄想 そんな memo.
幸せ指数99.9
0


    幸せ指数だけをとって正確に言えば きっときっと 120%   *注釈a


    残りの0.1% が なかなか 地味に地味に苦しい。

    幸せの反対語は不幸じゃない気がするし

    とりたてて 悲しむ必要はこれっぽっちもない

    0.1%が
    どうしてどうして 悲しいん
    どうしてこんなに 寂しいん

    0.1mmの小さな穴針が通るか通らないかくらいの

    その小さな穴から抜けていくのは
    少量が少量が重なって大量のヘモグロビン とか 亡くしたくない大切な気持ちとか 

    小さな針からぽとりぽとり入るのは

    ナトリウム とか カリウム とか ブドウ糖 とか
     あたしにはよくわからない薬 とか


    0.1%の この小さなチクチクが痛くてたまらなくなる時がある

    生クリーム と たくさんの空から降ってきたシアワセゴトで 埋まったはずの 小さな 0.1 が 

    今は妙に苦しくて






    目盛り数えすぎて

    考えすぎて わからなくなって 



    28Gは とても細いな...なんて     ぼんやり ぼんやり 考えて




    *a

    120%って 夏休みまっさかりの新幹線の乗車率じゃないのだから、やっぱり100を基本として。

    けれど、スタバのホイップクリームを えきすとらホイップクリームにすると 100%超え

    よって、 普段の生活にも120%もなきにしもあらず
    続きを読む >>
    | sana | 電波 | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    no title
    0
      110102_2102~02.jpg
      わからなくなる

      脳が痺れる
      聞こえる
      音が大きい
      冷たい熱い
      何かが何処かが痛い痒い

      ぷつんって切れた
      | sana | 電波 | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      紅 赤 ガーネット イロ
      0



        苺はイチゴ色
        イチゴを食べてタオルを紅く染めたらきれい。
        黒く染まるタオルはゴミ箱へ。血は血色

        赤い靴は赤い靴色 それはエナメルな赤。 
        エナメル赤はクチビル。少し水を飲んだ辺りがトイピアノに塗ってある色

        トイピアノの鍵盤の白は黒と黒の間
        髪は黒とかイロイロ。黒はホテルで便利な色でピアノの黒鍵

        あたしの皮膚の上からの血管は紫混じった青緑
        青緑を確かめたくなって裂くとガーネット
        ガーネットは鎖のそばにハリガネの横によく選ぶ色

        服とピアノの鍵盤とほとんどの家具が白
        ベッドシーツの上でイチゴを食べた。 

        紅く染めたらきれい。
        けれど黒く染まるタオルはゴミ箱へ。血は血色

        夜は黒 

        その中に白い部屋 

        紅い思い出  紅い涙   涙の先のギンイロの刃

        | sana | 電波 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
        文字の欠片
        0


          140文字で伝えられない感情が たくさんありすぎて、
          そうかといって
          400字詰めの原稿用紙に何枚も作文のように小説のように散文のように
          書いたところで
          きっと 伝えられないものが山ほどあって

          そもそも、自分がなにを一番伝えたいのか、
          その伝えたいコト自体もあやふやで

          けれど 今のままじゃ 苦しいから。

          今のわからない、この状況をこのまま伝えようと思ったけれど
          それは随分卑怯な気がしたし、
          その、よくわからない状況を 受け取った人は随分と困るだろうし。

          けれどこのままあたしは、淡々と日々を送っていけるだろうか・・・。
          と急に不安になる。

          ほんの 1ページ読むだけで
          たった 何文字かのコトバを見ただけで
          ふと・・・ 数行、文字を見ただけで

          もう、何個かの文字の欠片を見ただけで

          こんなに嬉しかったり 苦しかったり
          寂しくなったり あたたかくなったり

          頭のなかでくるくると回る思考は無限るーぷ

          遠くにいるようで 近いのに
          近いのに はるか遠くて

          近くにいたいのに 近づけないのに

          あたしに なにができる?
          あたしは なにをしよう?

          今あたしは 生きてる。 息をしている 
          きっと近くか遠くかそんな距離で 生きてる 息をしている


           
          *ちなみに画像はたぶん17歳くらいのときに書いた文章です。はっきりと覚えていないのだけど でもやっぱりそのときのあたしも、何かの欠片を探して探して 文字を並べてたのかもしれません
          | sana | 電波 | 21:08 | comments(2) | trackbacks(0) | - | -
          0


            電車にコトコト
            ゆられて ゆれて
            あたしは 一夜の 夢を見る
            言葉が触れて
            視線が揺れて

            間も境目もわからなくなる
            朝か夜か あたしは誰か
            夢の中では全てが無意味で

            なにをしても
            ふわり 白い 雲の中
            | sana | 電波 | 09:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << December 2017 >>

            このページの先頭へ