幻覚 幻聴 妄想 そんな memo.
まだわかってないってこと
0




    確固たる自信を持って。
    って大切だなって。
    芯の部分とか自分の思う事に少しずつ自信がついてきて。

    けれど、それは、正解ではないかもしれないと、どこかで思っていたい。

    思い込みは良くない。


    わかったつもりで、わかってなかったことがなんどもあった。


    正解かもしれないし間違いかもしれない。
    まだわからないけど、
    今は正解だと今思う方向に向かって、出来ることと、したいことをしようと、そう思った。


    | sana | オママゴトCafeシロイハコ | 09:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    白い箱のような部屋の役割
    0


      白い箱をずっと 待って 閉じこもって たまに閉じ込められて

      抜け出せなくなって 唯一の居場所で 居心地の悪い教室で

      今あたしの自分の白い部屋には
      小さなストーブと アップライトのピアノと 
      白いベッドと 白く塗った大きな棚と 
      保健室にあるパーテーションと 保健室の薬棚と 
      白いCDラックと 白いパソコンと 白い化粧棚と 白いコットン入れと 白い鏡と 
      白いランプと 白いいすと 白いサイドテーブルと 白い冷蔵庫と
      白いシャツとスカートとワンピースと
      白いカーテンと 

      赤いピアノと 赤いじゅうたんと 赤いベルトと 
      赤いイチゴのゴムと 赤い口紅と 

      白いものは数えると、きりがなくて、

      ほとんど白とたまに赤と黒で構成されている部屋から、少し出て

      石ころの多い 緑の道を 

      100mほど歩けば 白い実験室のような 少しだけcafeのような、
      少しだけ針金を曲げたものが置いてある 小屋がある。

      あたしは、きっと ずっと シロイハコにこだわると思う。
      それは、きっときっと、そんなに悪いことじゃない。

      こだわりを、わだかまりを少しずつなくして捨てて。
      捨てる勇気を持ったとしても、
      少しの 大切なものが 人よりたくさんあったとして、
      それを無理して捨てる必要もないと、そう思って。

      けれど、明日も今と同じ考えじゃなくても ちっとも怖くなくて、
      変わっていく自分でそれで、いいと思える 今、この状況がとてもスキだ。




      持ちきれないほどの 持てないものを 持ちたくて、
      けれどそれは無理で、  
      保管場所はココロの中で、 けれど、その場所はほんとうに狭くって、
      すぐに溢れてしまうから。

      シロイハコに保管しているだけ


      白い箱の中には無数の生活と、実験と、薬品と、愛してるものが詰まってる。

      ぎゅうぎゅうと。 けれどツツマシク。
      | sana | オママゴトCafeシロイハコ | 17:21 | comments(4) | trackbacks(0) | - | -
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      このページの先頭へ