幻覚 幻聴 妄想 そんな memo.
<< 夜っていうのは | main | フリコ >>
下書き
0
    iPhoneImage.png

    失いたくないものが何もない時
    失ってもいいと思っていた時

    ほんとうになにも怖くなかった

    不安だったり寂しかったり自分の中から得体の知らない影が湧き上がってくる毎日は違う意味で怖かったけど
    怖かったって言うよりは、ただただ 苦くて辛くて不味いスープを飲む時間。


    手放す準備はいつもしていたし
    手放される準備だって万全だった

    失いたくないとおもった瞬間から
    大切なものが増えれば増えるほど

    手放したくなくなって嫌われたくなくなって


    欲っていうやつが次々と出てきて





    次へ
    | sana | - | 11:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://omamagotocafe.shiroihako.com/trackback/979701
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    このページの先頭へ