幻覚 幻聴 妄想 そんな memo.
<< ただその一言が言えない | main | 秋の夜 >>
気休めの休み
0



    台風が通り過ぎて

    外に出ると もうそこは驚くほどの秋の空気で

    その季節になるとやってくる特有の匂いに

    息をするのが苦しいほどだった


    前髪を切って

    懐かしい景色を歩いた

    息をするだけで救われる場所ってある。
    悲しい思い出は時に心を癒すものだと知った。


    今、どうしようもない ちいさな塊を抱えて

    昔居た、どうにもならないことだらけの大きな闇の中にある 待合室の椅子に座ると

    小さな塊はとてもちいさいものだとわかった。

    そして そのどうしようもないちいさな塊を やっぱりどうしようもないまま抱えて帰った。








     

    | sana | memo | 13:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://omamagotocafe.shiroihako.com/trackback/979711
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    このページの先頭へ