幻覚 幻聴 妄想 そんな memo.
<< 秋の夜 | main | タイル >>
謝罪という名の
0



    私の存在が足枷だったのだとしたら

    ほんとうにごめんなさい

    なんて馬鹿だったのだろうと

    なんて自分勝手だったのだろうと

    何度もごめんなさいを繰り返して

    意味のないことかもしれないけど…



    強くならねば



    けれど

    それが上手に出来なくて

    涙が出て 言い訳ばかりで

    私の足枷はなんだろう

    なんでこんなに歩くのが下手なんだろう

    なんでこんな音が大きいんだろう

    でも今、私の周りは穏やかで
    私の今はとても幸せなんだと思えて


    こころからありがとうございます。
    | sana | - | 09:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://omamagotocafe.shiroihako.com/trackback/979712
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    このページの先頭へ