幻覚 幻聴 妄想 そんな memo.
<< 終着駅を通り過ぎて | main | 知って失って。 >>
ひとしれずならば
0



    ひとしきりお風呂の中で泣いて

    夢の中で笹舟水に流して
    見えなくなるまで 手もふらずにただぼんやりと眺めてる

    窓を開けて40度の水に浸水。
    夜空は曇り、少し雨。
    星は見えず月もおらず、
    湿度の高い夜で
    空気の中にある水分を一粒つまんで食べてみた。

    木の影は夜に染まってさらに暗く深く黒く沈んでく。
    夜の支配。

    信じていたこと
    他人からの言葉
    過去と未来と今と夢と
    全部が絡まって

    身動きが、とれなくて。

    もう少しいろんなこと、上手になっていたはずなのに。

    空が白み始めて
    雨の音がつよくなくなって
    夜が逃げてく

    朝が来る
    支配されて
    夜眠る

    逃げたくなって逃げても逃げても
    逃亡先は結局のところ今。

    今日は雨降り
    泣いてもいい日



    | sana | - | 03:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://omamagotocafe.shiroihako.com/trackback/979722
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    このページの先頭へ