幻覚 幻聴 妄想 そんな memo.
<< 知って失って。 | main | 静寂の中の >>
0

     

     

    星がさらさら流れてふって

    空へと深く続く暗闇に手を伸ばしてみる

     

    こんなにたくさん降る星をひとつもつかめずかなしくなる

     

    届きそうで届かない

    届いた瞬間に指の間をすりぬけて

    遠く遠くへいってしまう

     

    過去も今も

    もしかしたら未来も

    全てが嘘になればやさしく息をすることができるようになるのかな

     

    さっきまで手の中にあった星は

    ほんとうは夜の空気 それだけだった

    | sana | memo | 02:28 | comments(3) | trackbacks(0) | - | -
    一ファンさま

    ありがとうって言ってくださってありがとうございます。
    | さな | 2016/08/31 11:13 PM |

    ずいぶん昔からお邪魔させてもらっている者です。
    あなたの言葉を待っている人が沢山います。
    私もその1人です。
    無理されない程度にまた、書いてください。
    ありがとう。
    | ここにも一ファン | 2016/08/15 9:09 PM |

    あなたの言葉と存在に救われる。会ったこともないのに。あなたがあなたを取り戻していっている気がして救われる。
    あなたの何も知らない自分だけど、たったほんの数分間で安心する。
    ありがとう、ありがとう
    | 一ファン | 2016/08/07 1:11 AM |










    http://omamagotocafe.shiroihako.com/trackback/979723
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    このページの先頭へ