幻覚 幻聴 妄想 そんな memo.
<< 鉄欠乏性貧血 | main | 記憶の温度と >>
雪の降らないクリスマスに
0

     

     

    あわただしい冬の日々を過ごして
    足を止めると
    ふと 喉と耳の奥を 小さな針で突いたような痛み

    目の奥がこそばゆくって

    ベッドに入って少しだけ泣いた後


    ふかく ふかく どこまでも ふかく もぐって
    しずかに しずかに しずかに 眠るために

    のみこむ 小さな 白い 光の粒

    | sana | memo | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://omamagotocafe.shiroihako.com/trackback/980159
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    このページの先頭へ