幻覚 幻聴 妄想 そんな memo.
<< まだ寒い春の前に思ったこと | main | 19G >>
飛び降りなかったあの日のコト
0

    閉じ込めていた記憶の箱が思いもよらぬ場面で開いてしまった時

    ふと頬に涙を感じて

    蓋を閉める

     

    誰にも気付かれずに そっと やさしく 閉める

    ...ことがだんだん上手になってきたつもり。

     

    けど大体バレてる。

     

    大体バレていて、でも 心配するほど私の記憶を人は気にしていないってこと。

    目の前の人が一粒涙を落としたところで、かわらない日常

     

    少しさみしくもありむなしくもあり けれどそれが ありがたくもあり。

    | sana | memo | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://omamagotocafe.shiroihako.com/trackback/980168
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    このページの先頭へ